技術の産物に想いを伝える手段

ITの発展によって、様々なプログラムを実行していく上での指針として、言語の存在が欠かせないです。故に、エンジニアが打ち込んだ文字の羅列によって、エンジニアが、コンピューターに対して希望に沿うような働きをしてくれることを期待しているのです。

そのため、コンピューターに命令をする言語とは、絶対的な指令を宣言していくものであり、極端な話、エンジニアが直接コンピューターと対話をしているかのようなやりとりが見て取れる気がしてくるのです。すなわち、言語を打ち込む行為は、とりもなおさずコンピューターの心に触れ合うことと等しいのです。あたかもコンピューターが意思を持ってエンジニアの心を汲んでいるかのように。

コンピューターは我々人類の望むような働きを期待して完成されたものであり、それ故に、エンジニアの提供する言語を素直に吸収していきます。まるで素直に聞き分けてくれる自分の子供のようにコンピューターに愛着を持っている方がいても不思議ではないと思うのです。

故に、その愛情表現として、コンピューターの頭をなでなでしたくなるような想いを抱いていき、それ故に、ペットと触れ合うかのような接し方をするエンジニアがいても不思議ではないような気がしてくるのです。このようにして、言語をコンピューターに伝える行為を通して、ITの素晴らしさを改めて実感する方が少なくないと思うのです。

実際に、人とコンピューターが分かり合う手段とは、言語から始まるといっても過言ではないのです。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です